賛否両論?フレックスタイム制のメリット・デメリット

賛否両論?フレックスタイム制のメリット・デメリット

無料で使える"20代"におすすめの転職サイト

【転職活動を全面的にサポートしてほしい人向け】

【転職実績No.1】リクルートエージェント公式HPへ

【転職活動をマイペースで進めたい人向け】

【転職者の8割が利用】リクナビNEXT公式HPへ

ポン太
「朝寝坊してもお昼に出勤できるし、フレックス制のある会社がいいよね~!」
ジョブエモン
確かにフレックスタイム制を取り入れている会社は、自分で出社や退社時刻を決められるんだ。だけど、ラクするためだけの制度ではないんだよ。メリットがある分、デメリットもあるからそこをきちんと押さないといけないよ。

フレックスタイム制とは

賛否両論?フレックスタイム制のメリット・デメリット

フレックスタイム制とは、労使協定に基づき、自分で出社時刻・退社時刻を決めて働くことができる制度です。
1988年4月から導入された制度で、ワークバランス(労働者の生活と仕事のバランス)を考えて効率的に働けることを目的に定められました。
1ヶ月以内の総労働時間の中で、労働者の意思によって各日の労働時間を決めることができます。

多くの場合、フレックスタイム制には”コアタイム”と”フレキシブルタイム”が設けられており、それを基準に労働時間帯を設定することが可能です。

コアタイムとは

コアタイムとは、1日の労働時間帯のうち必ず勤務すべき時間帯のことを言います。コアタイムが設定されている日や期間があれば、その時間帯は出勤義務があるということです。

フレックスタイム制を導入している企業だからといって、必ずコアタイムが設定されているわけではありません。
ただ、会議を頻繁に行うような業務内容の場合、出席者が早朝に揃っていることは少ないため、お昼休憩を挟んだ前後の時間帯にコアタイムを設けている企業もあります。

フレキシブルタイムとは

フレキシブルタイムとは、自由に出社・退社できる時間帯のことを言います。1日の勤務がすべてフレキシブルタイムによって成り立っている会社もあるようです。
この場合、コアタイムが設けられていなければ、会社からは会議などに出席するよう業務命令が出されることはありません。
また、フレキシブルタイムの出社時刻前や退社時刻後の残業命令が出されないのも特徴です。

フレックスタイム制のメリット

フレックスタイム制は、労働者自身が出社・退社時刻を決められる点が最大のメリットです。フレックスタイム制のメリットを見てみましょう。

1.出社時間を自由に設定できる

サラリーマンにとって通勤ラッシュはかなり体力を消耗しますが、出社時刻を自由に設定できるので、満員電車の辛さから解放されます。
夏場は早めに出社すれば、洋服が汗びっしょりになる不快感やお化粧崩れを気にする必要もありません。

お子さんがいる場合は、送迎時間に合わせて出退勤時刻を決められますし、急な体調不良があっても病院に連れて行った後に出社することができます。

2.自分の体調などに合わせて効率的に仕事が可能

フレックスタイム制は自分で時間配分するので、効率的に仕事ができる点がメリットです。
低血圧で朝がどうしても苦手な方や、朝からお腹が痛い、頭が痛いなど体調不良の際でも自分のペースに合わせて出社時刻を遅らせることができます。

「今週は精力的に仕事をして勤務時間が多かったので、来週は少な目に調整しよう」ということも可能です。

3.生活とのバランスを取りながら仕事ができる

ワーキングマザーであれば、「子どもの発表会や運動会など学校行事に毎回参加してあげたいと思いつつ、その度に有休を使うのは避けたい」というジレンマを感じる方も多いかと思います。

フレックスタイム制なら、ワーキングマザーでも家庭の状況に合わせて仕事を行うことが可能です。

4.平日しか難しい用事でも有休を利用するのを避けられる

役所での手続きや病院での検査、銀行でのローンの手続きなど、どうしても平日にしかできない手続きも多いものです。
また、出勤前に急な水漏れ事故が発生し工事を頼むにも、家に誰かいなければならないといった突発的な出来事もあり得ます。
そんな時でも、有休を取得せずに出勤時間を調整できるのもメリットです。

フレックスタイム制のデメリット

フレックスタイム制は、自主性に強く依るところがあるので以下のようなデメリットもあります。

1.自己管理ができない人には不向き

自分でスケジューリングができない人には、退勤がルーズになってしまい逆に仕事の効率が落ちる可能性があります。仕事の段取りや出勤時間を守るなどの基本的な自己管理ができない人にとっては、フレックスタイム制はデメリットと言えるでしょう。

2.取引会社や他部門との連携が難しくなる

急な会議や緊急を要する場合に、社員の出勤時間がバラバラなためメンバーが揃わず、対応が遅れる可能性があります。その結果、取引会社への回答が遅くなり業務がスムーズにはかどらないことは、企業にも労働者にとってもデメリットです。

また、社内の他部門とのコミュニケーション機会が少ないため、連携が難しくなることも考えられます。

3.顧客対応が遅れて待たせてしまう

顧客から担当者に急ぎの連絡があっても、担当者によって出社時間がまちまちだと顧客対応が遅れてしまい満足度が低下する可能性があります。

ライフワークバランスを保つフレックスタイム制

ポン太
フレックスタイム制度って、かなり自由な働き方ができるんだね!
ジョブエモン
そうだよ!子育て中の女性やワークバランスをとる必要がある人には、とてもありがたいのがフレックスタイム制度なんだ。ただ、企業としては、時間がルーズになったり対応が遅れるのは業務上問題だから、そこはコアタイムを導入してカバーしている企業も多いよ。
ポン太
そうか~、僕みたいに朝寝坊してラクしたい、なんていう考えはいけないことがわかったよ。
ジョブエモン
生活と仕事のバランスをとって効率良く働けるように考えられたのがフレックスタイム制度だから、決して朝寝坊のためのシステムじゃないんだよ、ポン太。

 

20代にオススメの転職エージェントランキング

※2017年12月更新    

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、業界最多ともいわれる8万件の非公開求人があり、その割合は全体の約90%を占めています。これらの人は多方面の業界の求人が含まれているので、希望する職を見つけることができるでしょう。

既卒/未経験者/第二新卒向けの転職サイトになります。 未経験者や社会人経験なしのフリーターからの正社員を目指す方にオススメの転職サイトです。

業界最大手ゆえ、マイナビエージェントは様々なタイプに特化した人材紹介サービスを展開してます。8割が非公開の求人で、どの業界をとっても多くの企業とパイプがあり、転職希望者の満足度が高いのが特徴です。

1994年から転職サービスを行っているので、企業とのパイプも多く、IT・WEB・ベンチャー系をはじめとした求人が豊富にそろっているのが魅力です。

業界第2位の実績を持つDODAは、3万3000件とも言われる膨大な求人数を扱う<のに加え、その質の良さにも業界で一目置かれている会社です。

賛否両論?フレックスタイム制のメリット・デメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です